アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)バレーボール部が来学しました。


2019/01/16

2019年1月5日(土)~16日(水)の日程で、アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)のバレーボール部が関西エリアを中心に来日しました。アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)は、本学と連携協定を結んでいる大学で、2017年以来2回目の来日となりました。


本学バレーボール部との練習・練習試合は2019年1月7日(月)、8日(火)、15日(火)の3日間で行われ、試合結果(セットカウント)は、7日(月)3-1、8日(火)3-2、15日(火)2-1という結果となりました。


アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)の選手は、大変背が高く平均身長が173~175cmあり、1番背の高い選手は184cmもありました。チームとしても、とても攻撃型のチームで今回の来日の目的は、日本のディフェンス力の習得を目標としており、日々関西の大学生と練習試合を行い、日本のレシーブ力の技術の高さに感銘し、習得に励んでいました。その吸収力は素晴らしく、本学での3日間でも、最終日の試合は、とてもラリーが多くあり、面白い試合となりました。来日した10日間でディフェンス力の向上は素晴らしく、良い成果を収めた強化合宿になったことと思います。


 本学のバレーボール部の選手たちも、異文化交流で良い経験ができ、また、彼女らのバレーボールに対するひたむきな姿勢を勉強したことと思います。今春のリーグ戦では、それらを生かして、活躍してくれることでしょう。

  • アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)✖神戸親和女子大学 集合写真

    アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)✖神戸親和女子大学 集合写真