発達教育学部 福祉臨床学科



福祉の現場といってもいろいろあります。
めざす福祉の仕事に合わせてコースを選んでください。

  • 福祉の知識が生かせる2つのコースを用意しています。
  • 福祉や教育の現場で必要な知識と技術を身につけます。
  • 社会を支える一員として、社会に生かせる福祉を学びます。

取得可能な免許・資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 保育士資格(定員40名)
  • 司書

※ 幼稚園教諭一種免許状(本学通信教育課程プログラム併修)


授業紹介

  • 社会福祉概論 I

    写真

    社会福祉の役割、意義、歴史。さらに福祉と哲学の関係、児童福祉などの分野について学びます。そして、社会福祉の理論と政策を学びます。保育士と社会福祉士をめざすひとのための講義です。

  • 地域福祉論II

    写真

    地域福祉を必要とする現代社会の特性、地域福祉の活動組織や専門職の役割と技法を学びます。実際の地域福祉活動についても、直接関わることで理解を深めていきます。

  • 保育内容の研究II

    写真

    保育所保育における保育内容、その中でも乳幼児がじぶんたちから身近な環境に関わることの意義や重要性、成長への影響について理解を深めます。

  • 養護内容

    写真

    社会的養護の現状を理解し、施設養護の具体的な内容について学びます。さらに児童をサポートしていくうえで求められる援助技術やケース記録の取り方など、施設養護の基礎を学習します。


ゼミ紹介

興味やめざす将来にあわせて、3年次からは専門演習(ゼミ)を選択します。

  • 福祉臨床専門演習I(山口ゼミ)

    写真

    子どもと心身の健康、さらに社会福祉士のための知識も学びます。

    いじめ、不登校、児童虐待、発達障害といった「子ども」に関するテーマと、いかに心身の健康を保持・増進していくか、メンタルヘルス(精神保健)の課題について考えていきます。

  • 福祉臨床専門演習II(米澤ゼミ)

    写真

    地域の中での福祉の関わり方について学びます。

    地域で誰もが安心して生活していくためには何が必要であるのかを考え、検討を行います。そのために文献や資料から現在の社会状況を認識し、学生それぞれが関心のあるテーマの発見をめざします。

※ 上記授業内容は2014年度に実施したものです。


めざせる進路

  • 福祉事務所、児童相談所、病院、福祉施設、
  • 地域包括支援センターなどのソーシャルワーカー(社会福祉士・相談職)
  • 保育士

※ 幼稚園教諭