発達教育学部 児童教育学科



あなたはどこで、どんな先生になりますか?
将来の進路に合わせて、3つのコースを用意しています。

  • 小学校教諭と幼稚園教諭の両方が取得できるのは大きな魅力。(初等教育学コース・幼児教育学コース)
  • 特別支援学校教諭(知・肢・病)の免許状取得も可能です。(初等教育学コース・幼児教育学コース)
  • 多くの先輩が教育現場で活躍中。卒業生のほぼ全員が免許状や資格を取得しています。

取得可能な免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知・肢・病)(定員50名)
  • 保育士資格(定員130名)
  • 司書
  • 司書教諭

授業紹介

子どもの発達、心理、指導方法など、先生になるために必要なことを勉強します。

  • 音楽Ⅳ

    写真

    保育園・幼稚園・小学校の音楽表現で求められる、楽曲への理解力と表現力。それを磨くために、読譜力・歌唱力・ピアノ演奏力のスキルアップを図ります。さらに、児童教育学科定期演奏会で女声三部合唱にも取り組みます。

  • 理科

    写真

    自然科学を理解し、地球環境問題と自然災害の問題について地球史や人類史の視点からアプローチするための基礎学力を養います。また、実験と観察をとおして、自然を理解する技術を身につけます。

  • 教育方法・技術論(初等)

    写真

    小学校の授業で活用される、コンピュータやインターネットといったICT(情報コミュニケーション技術)を活用した教材開発、授業の学習指導計画の作成、授業改善のための情報収集について学びます。

  • 特別支援教育基礎理論

    写真

    特別支援教育の理念や意義、支援を必要とする子どもや家族、子どもを取り巻く社会問題を知り、考えることで、これからの先生に求められる特別支援教育のあり方を学びます。写真は手話を学ぶ様子です。


ゼミ紹介

3年次からはめざす免許・資格にあわせて専門的な勉強をする専門演習(ゼミ)が始まります。

  • 児童教育学専門演習Ⅱ(山本ゼミ)

    写真

    音楽をとおして、子どもたちと関わるチカラが身につきます。

    音楽をとおして子どもと関わるスキルを身につけるため、オペレッタ表現活動やダンスをあわせた合唱表現に取り組んでいます。つくりあげた作品は、児童教育学科定期演奏会で発表。さらに保育園・幼稚園・小学校などの教育現場でボランティア公演をしています。

  • 児童教育学専門演習Ⅳ(矢野ゼミ)

    写真

    幼児教育について、みんなでいっしょに考えていきます。

    幼児教育や家庭教育のあり方、幼児の発達の理解や保育者の役割などについて理解を深めます。そして学生一人ひとりがじぶんの興味・関心のあること、疑問に思うことについて考察し、課題を明確にさせます。

※ 上記授業内容は2014年度に実施したものです。



めざせる進路

  • 小学校・幼稚園教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 保育士
  • 学校教育・学習支援業
  • 大学院進学