発達教育学部 ジュニアスポーツ教育学科



保健体育の先生か?スポーツの指導員か?
それともスポーツ業界に就職するか?

  • それぞれのコースに分かれて、中学校と高等学校の保健体育教員、ジュニアスポーツ指導員、スポーツビジネス界をめざします。
  • クラブ活動と両立して、選手としての進路もめざせます。
  • トップアスリートやトップコーチとしてのキャリアを持った教員がそろっています。

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 日本体育協会公認スポーツリーダー、ジュニアスポーツ指導員(受験資格)、アシスタントマネジャー(受験資格)
  • 日本障害者スポーツ協会公認障害者スポーツ指導員(初級・中級)
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
  • 司書
  • 司書教諭

※ 小学校教諭一種または幼稚園教諭一種免許状(本学通信教育課程プログラム併修)


授業紹介

  • ソフトボール

    写真

    ソフトボールの技術や技能を取得しながら、指導方法についても学びます。さらに、実技を通してソフトボールのゲーム戦術を実践的に身につけます。

  • ダンス

    写真

    ダンスの特性を理解し、じぶんの能力に応じた課題をもって身体表現でき、その指導方法を習得することをめざします。ダンスの基本はもちろん、フォークダンスや創作ダンスなどにも取り組みます。

  • 保健体育科教育法Ⅰ・II

    写真

    学習指導要領による保健体育科の目標および内容、内容の取り扱い、指導計画の作成と内容の取り扱いについて学習します。中学・高等学校保健体育教員に求められる資質、役割、責任、知識、実践的指導法を学びます。

  • メンタルトレーニング

    写真

    アスリートが競技で本来の実力を発揮するためのメンタルトレーニングについて、心理的側面から学習します。また、サポートするための具体的技法や心理的サポートの事例についても学びます。


ゼミ紹介

3年次からはめざす将来にあわせて、専門的な勉強をする専門演習(ゼミ)が始まります。

  • ジュニアスポーツ教育学専門演習 I(杉山ゼミ)

    写真

    スポーツや日常生活とこころの関係を勉強します。

    「心理的な要因が、身体運動にどのように影響しているか」を考え、スポーツを含めた日常生活でのこころと身体の関係について学びます。さらにスポーツ心理学の分野でテーマを決め、各自が知識を深めていきます。

  • ジュニアスポーツ教育学専門演習II(平尾ゼミ)

    写真

    身体を研究テーマに、スポーツを学びます。

    「生きる力を伸ばすスポーツ教育のあり方」と「筋力に頼らない身体の使い方」について学びます。もっとも身近にある自然としての「身体」を掘り下げることで知識を増やし、理解を深めていきます。

※ 上記授業内容は2014年度に実施したものです。


めざせる進路

  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • スポーツ・健康関連施設
  • スポーツ関連企業
  • 大学院進学

※ 小学校・幼稚園教諭