総文も心理も、親和!スペシャルサイト
サイトTOPへ

夢をかなえた先輩たち。

  • 黄 真優 さん
  • 文学部 総合文化学科(2017年3月卒業)
    就職先:三井住友銀行
親和に入学したきっかけは?
私はもともと文学部で英語を勉強したかったので、いろいろな大学を受験していました。親和もそのうちの一つで、正直、第一志望ではありませんでした。
親和に入学してからまず驚いたのは、みんなが前向きにがんばっていること。今の時代、がんばっている姿を見せることがかっこ悪い…といった風潮を私は感じているのですが、そういうのが親和には全くありませんでした。女子大だからというのも大きいかもしれませんが、今しかできないことを全力でやる!という仲間が多く、とても刺激を受けました。
印象に残っている授業はありますか?
3年次生になって、3週間オーストラリアのシドニー大学に留学しました。外国人のみなさんとグループディスカッションする毎日。相当英語力が鍛えられました。
親和は成長できる機会がたくさんあって、おもしろい先生が多いのが特徴です。
特に「英文学概論」では、先生の実体験を交えたお話がとても楽しくて印象に残っています。
親和で良かった!と思うエピソードは?
入学当初はインテリア系の企業への就職をめざしていたのですが、2年次生での「簿記入門」の講義を受け、お金の流れを見るのが楽しいことに気付いて希望職種を変更。
こうして、本当にやりたいことを見つけられたのは親和で出会えた仲間のおかげだと思っています。みんなが自分自身に真剣に向き合い、将来のことを本気で考えている。だから私も、自分が納得できる未来を切り拓こうと思えたんです。
親和は仲間や先生との距離が近くて絆が深い。だから、志望校を迷っているなら私のように親和を受けてみてください。絶対に後悔はしません!
  • 五百蔵 さくら さん
  • 発達教育学部 心理学科(2017年3月卒業)
    就職先:花王カスタマーマーケティング株式会社
親和に入学したきっかけは?
大学受験の時は、幼稚園教諭の免許が取れる大学を受験しようと考えていました。「先生をめざすなら親和がいいよ。」と高校の先生から強くすすめていただきました。実際に大学のパンフレットに載っている、女性のための心理学や実験の写真を見て「心理っておもしろそう!」と思いました。心理学科でも通信教育プログラムを併修すれば幼稚園教諭の免許が取得できると知って、気持ちが固まりました。
入学前は、女子大ということで不安もありました。でも、入学してみると明るく楽しい仲間ばかり。4年間を振り返ると、本当に充実していたと思います。
親和に入学してから自分はどう変わりましたか?
うつ病などで悩んでいる人たちの治療に化粧や服が使われる「化粧療法」があるということを心理の授業で知り、化粧を通して人を幸せにしたい!と思うようになりました。
当初めざしていた幼稚園の先生から、美容部員の道に。本当にやりたいことが親和で見つけられました。
親和で良かった!と思うエピソードは?
美容部員をめざして就職活動をはじめたんですが、私の良いところ・悪いところなどが自分ではわからなくて。そんな時、先生から私の長所・短所を率直にアドバイスいただけたのが嬉しかった。親和は先生との距離が近いから、一人ひとりをきちんと見守ってくれているんです。
親和で出合った「化粧心理」、先生や仲間との出会いを通じて、化粧で人を幸せにしたいと思った気持ち…。そのすべてを就職活動の集団面接でお話しできて、内定につなげられた。
だから、親和に入学して良かったと心から思えます。