総文も心理も、親和!スペシャルサイト
サイトTOPへ

総文でも心理でも、先生がめざせる!

公立中学校
(国語)
教諭へ
  • 橋本 菜央 さん
  • 文学部 総合文化学科 (2018年3月卒業)
  • 慶進高等学校出身
あなたが進学先として親和を選んだのはなぜですか?
国語(中・高)の教員免許が取得できること、バスケットボールが高いレベルでできること。日本文学も学びたかったので、親和の総合文化学科をめざしました。実際、日本文学の先生から興味深い話をたくさん聞くことができました。
「先生になるなら、親和!」を実感したことはありますか?
教員採用試験対策が豊富で、参加しやすかったこと。どの先生も一人ひとりの対策に協力してくださったこと。勉強も丁寧に教えてもらえ、仲間と同じ目標を持って切磋琢磨できる。少人数ならではの良さだと思います。
教員採用試験に挑むうえで印象に残っているエピソードを教えてください。
集団討論の練習をしている時、自分でも出来が良くないな…と思っていたら「今のままではだめだ」と、先生に率直に言われたこと。私のことをよく見て、的確に叱って、褒めて、励ましてくれました。
先生をめざす受験生にメッセージをお願いします。
最後まで諦めない気持ちを持ち続けて勉強に取り組むことが大切だと思います。親和の先生は、とても親身に協力してくださるので、どんどん頼って、たくさんのことを教えてもらってください。
公立
小学校
教諭へ
  • 太田 有希 さん
  • 発達教育学部 心理学科 (2018年3月卒業)
  • 岡山県立総社南高等学校出身
あなたが進学先として親和を選んだのはなぜですか?
オープンキャンパスに参加した時に、先生方が親しみやすく、ここならしっかりと自分の学びたいことが学べると思えたからです。また、海外教育プログラムにも力をいれており、日本の教育を知るためにも海外での経験が積めると思い、実際にカナダの教育現場を体験できるプログラムに参加しました。
「先生になるなら、親和!」を実感したことはありますか?
心理学科では通信教育プログラムを併修することで、小学校教諭一種免許状を取得することが可能なのですが、頼れる先生や職員の方々のサポートが手厚いところ、そして同じ志を持つ、一生懸命な仲間がいるところが、「先生になるなら、親和!」と実感できているところだと思います!
教員採用試験に挑むうえで印象に残っているエピソードを教えてください。
数学が苦手だったのですが、先生が毎日のように数学を教えてくださいました。試験前、大学で朝から晩まで猛勉強したのは良い思い出です。
先生をめざす受験生にメッセージをお願いします。
私は親和に入るまでも勉強しましたが、入ってからより一層勉強しました。教員採用試験合格は第一歩にすぎないと思っており、これからが、がんばりどころです。
皆さんも大学合格が第一歩だと思って、がんばってくださいね!