親和ピアサポーターが、伊丹市教育委員会の依頼でコロナ後の学校教育のビデオ研修を担当しました


2020/09/01

親和ピアサポーターは、伊丹市教育委員会の依頼を受けて、コロナ後の学校での授業方法、学級経営のモデル像をビデオで紹介しました。



8月3日~28日までの間、親和ピアサポーターのビデオは、伊丹市の小学校17校、中学校8校、特別支援学校1校の研修会で使用されました。



ビデオ研修を受講された先生方から、「コロナ後の子供たちへの授業方法が、とてもよくわかった」「新しい教育方法を学べて、とても参考になった」「親和ピアサポーターには、是非とも先生になってほしい」との声を頂きました。



親和ピアサポーターは、「私たちは全員、小学校の教師を目指しています。先生になった際には、withコロナの学校教育を実践したい」と抱負を語っていました。